2008年に行ったケニア旅行記です。


by patora_rui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◆素晴らしい動物やシーンに遭遇するには・・・

今回の旅で多くの動物、そして素晴らしいシーンに出会うことができました。
これもムパタやオロナナの優秀なドライバーのおかげだと思います。
「保護区に入れば動物はいたるところにいる」というわけではなく、
ドライバーさんが肉眼&双眼鏡、そしてそれまでの勘で動物を探し当てるのです。
広いサバンナで動物を見つけるのはとても大変なことです。
ドライバー同士協力し合っているようで、トランシーバーでやり取りをしていました。

ドライバーの腕に左右されるだけでなく、“運”もあるように思います。
主人が言っていましたが、「ゲームドライブは、釣りに似てるかも・・・」とのこと。
素晴らしいシーンに出会えるかどうか分からないけれど、
いろいろ探し回って出会えた時の感動といったら・・・・・(溜息)。
これにハマッてしまうと、確かにやめられない!?。


◆サファリの快適度

普通、動物園だと動物の臭いがしますよね?
不思議とサファリ中は臭いがありませんでした(マラ川以外)。
マラ川だけはヌーの死体臭が漂っていましたが、
これもヌーの大群が押し寄せる今の時期だけでしょう。

また、車についてですが、凸凹の道や水溜りを駆け抜けるため、
ほとんどの車がランドクルーザーでした。
ホテルによって車の形も少し違うようでした。

ムパタですと、トラックのような形で天井が空いているタイプ。
動物を見る度に立ち上がる手間がありますが、
埃まみれになることはありませんでした。

オロナナですと、天井は閉まっていますが横は全開です。
こちらは、座ったままで動物を見ることができますし、
横全開なため動物が近づいてきたときの迫力が違います。
しかし、朝晩は寒いうえに昼間は埃まみれになります。

どちらも一長一短ですね。私は横全開型が好きでした。
凸凹の道を進むので体がピョンピョン弾みますが、
アフリカの風を全身に浴びて、本当に素晴らしい時間を過ごすことができます。


◆サファリ中のトイレ

サファリ中にトイレへ行きたくなっても、
サバンナのど真ん中、トイレなんてありません。
サファリ中にトイレをしたくなったら、ドライバーさんに言って止まってもらい、
ブッシュトイレ(屋外トイレ)をすることになります。
もちろん私もしましたが、案外気持ちよかったですよ。


◆コンタクトレンズの使用

私は普段、長期用ソフトコンタクトレンズを使用していますが、
アフリカ旅行のために使い捨てを用意しました(1day)。
日差しが強く埃が多い日中は、大きめのサングラスをかけていました。
いろんなサイトで「コンタクトの使用は避けたほうがよい。」などと書かれていますが、
「埃が目に入って痛い」、「埃が凄すぎて目が開けられない」といったことはありませんでした。
[PR]
# by patora_rui | 2008-09-10 22:35 | 2008 アフリカ
◆双眼鏡

持っていくか迷いましたが、持っていって良かったと思います。
動物の近くに寄れない場合もあります。
今回ですと、ガゼルの出産シーンなどです。
その際に双眼鏡が大変役に立ちました。
せっかくの貴重なシーン、見逃したくないですよね。


◆カメラ

一眼レフの購入も検討しましたが、カメラに疎いものでして・・・。
また、一眼レフを一式揃えるとなると、お値段もかなりのもの!
ということで、我が家は光学18倍のデジタルカメラを購入することにしました。
ネットで調べて的を絞り、店頭で実際に操作してみます。
一番シャッター速度が早く、ブレにくいと感じたパナソニックのものにしました。
値段もいろいろ調べ上げ、オークションで落札することにしました。


◆防寒着

ベストシーズンの今、アフリカは冬にあたります。
朝晩は15℃前後まで気温が下がりますが、車は全開なため体感気温は10℃くらい!?
様々なガイドブックでは重ね着を推奨していましたが、
私は重ね着が嫌いなためダウンジャケットを持っていきました。
朝晩は、八分丈のTシャツの上にダウンジャケットを羽織って丁度良いくらいです。
バルーンサファリの日は、パンツの下にレギンスも入れました。
また、ユニクロで購入したストールが大活躍しました。
肩や首に巻いて防寒したり、夜はディナーで大活躍です。
また、昼間の埃がすごい時は髪に巻く&鼻や口周りを覆っていました。
昼間は25℃前後まで気温が上がりますので、ホテル内ではお洒落ができますよ。


◆帽子とサングラス

帽子も持って行きましたがストールをよく活用したので、あまり使いませんでした。
サファリ中は常に車の中ですので、陽に直接当たる時間は少ないと思います。
それよりも、サングラスは絶対必要だと思います。
日差しが強すぎると目が開けづらいですし、埃がひどいときは目も守ってくれます。


◆動物辞典

持ち運びのしやすいコンパクトな辞典を持っていくことにしました。
私はあまり見ませんでしたが、主人は熱心に見ていました。
購入した本は、コレです。
[PR]
# by patora_rui | 2008-09-10 22:34 | 2008 アフリカ

アフリカ旅行 9-10日目

部屋に戻ってKFCを食べ尽くした後、夜のプールへ行きました。
だ~れもいないプール、気持ちがいいですねぇ053.gif

夕食は、ルームサービスにすることにしました。
量を調節できますし出かける手間が省けるので、
私たちは旅行中よくルームサービスを利用します。
c0175145_2215814.jpg


24:00頃、コンシェルジュにフライトのdelayがないか確認してもらい、
定刻通りに出発することを確認!ホテルタクシーで空港へ向かいました。
(※これは大事なことです。前回のドバイ旅行では5時間以上遅れて出発しました。)

EK316 2:35  ドバイ発
EK316 17:20 関空着

EK6252 19:15 関空発
EK6252 20:25 羽田着

こうして7泊10日のアフリカ旅行が終わりました。
おしまい。
[PR]
# by patora_rui | 2008-09-06 22:12 | 2008 アフリカ