2008年に行ったケニア旅行記です。


by patora_rui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旅行を振り返って <サファリについて>

◆素晴らしい動物やシーンに遭遇するには・・・

今回の旅で多くの動物、そして素晴らしいシーンに出会うことができました。
これもムパタやオロナナの優秀なドライバーのおかげだと思います。
「保護区に入れば動物はいたるところにいる」というわけではなく、
ドライバーさんが肉眼&双眼鏡、そしてそれまでの勘で動物を探し当てるのです。
広いサバンナで動物を見つけるのはとても大変なことです。
ドライバー同士協力し合っているようで、トランシーバーでやり取りをしていました。

ドライバーの腕に左右されるだけでなく、“運”もあるように思います。
主人が言っていましたが、「ゲームドライブは、釣りに似てるかも・・・」とのこと。
素晴らしいシーンに出会えるかどうか分からないけれど、
いろいろ探し回って出会えた時の感動といったら・・・・・(溜息)。
これにハマッてしまうと、確かにやめられない!?。


◆サファリの快適度

普通、動物園だと動物の臭いがしますよね?
不思議とサファリ中は臭いがありませんでした(マラ川以外)。
マラ川だけはヌーの死体臭が漂っていましたが、
これもヌーの大群が押し寄せる今の時期だけでしょう。

また、車についてですが、凸凹の道や水溜りを駆け抜けるため、
ほとんどの車がランドクルーザーでした。
ホテルによって車の形も少し違うようでした。

ムパタですと、トラックのような形で天井が空いているタイプ。
動物を見る度に立ち上がる手間がありますが、
埃まみれになることはありませんでした。

オロナナですと、天井は閉まっていますが横は全開です。
こちらは、座ったままで動物を見ることができますし、
横全開なため動物が近づいてきたときの迫力が違います。
しかし、朝晩は寒いうえに昼間は埃まみれになります。

どちらも一長一短ですね。私は横全開型が好きでした。
凸凹の道を進むので体がピョンピョン弾みますが、
アフリカの風を全身に浴びて、本当に素晴らしい時間を過ごすことができます。


◆サファリ中のトイレ

サファリ中にトイレへ行きたくなっても、
サバンナのど真ん中、トイレなんてありません。
サファリ中にトイレをしたくなったら、ドライバーさんに言って止まってもらい、
ブッシュトイレ(屋外トイレ)をすることになります。
もちろん私もしましたが、案外気持ちよかったですよ。


◆コンタクトレンズの使用

私は普段、長期用ソフトコンタクトレンズを使用していますが、
アフリカ旅行のために使い捨てを用意しました(1day)。
日差しが強く埃が多い日中は、大きめのサングラスをかけていました。
いろんなサイトで「コンタクトの使用は避けたほうがよい。」などと書かれていますが、
「埃が目に入って痛い」、「埃が凄すぎて目が開けられない」といったことはありませんでした。
[PR]
by patora_rui | 2008-09-10 22:35 | 2008 アフリカ